カテゴリ:├レシピ

大きなエクアドルバナナを買ってきたので。簡単にできる、バナナケーキを作りました。混ぜて炊飯器に入れるだけのシリーズです。今回は、ノンオイルにして、ベースを米粉と豆腐にしました。卵白をメレンゲにして、ベーキングパウダー不要に。バナナに甘みがあるので、砂糖が ...

岡山の野菜は美味しいので、実家から届くと嬉しい。今回は、横浜へ帰るタイミングで自分でお買い物。とにかく安くて新鮮。岡山パクチー小さい唐辛子小さいにんじん小さいきゅうりマッシュルーム小さい唐辛子、にんじん、きゅうりはピクルス(左)とナムル(右)に。【中華ピクル ...

夫の友人から、かまぼこをいただきました。ただのかまぼこではなく、メッセージ入りです。鈴廣のプリカマというサービス。→https://www.kamaboko.com/shohin/purikama/かまぼこにメッセージを入れることができて。お祝いやノベルティーに、よく使われています。ただ食べるの ...

味付きごはんがあると、おかずが少なくても大丈夫。そんなこともあり、余裕がない時のおたすけレシピ。材料を切って、調味料を入れて、スイッチオン。炊き込みごはんやピラフだけじゃなく。パエリアだって、できちゃうのです!【トマトアンチョビパエリア:2合分】◯米   ...

「ベジブロス」を使うようになってかた、肌の調子がいい。冬でも、ボディークリームが不要なカサカサ知らずで過せます。ベジブロスとは、ベジタブルのベジと、出汁を意味するブロスの造語。普段捨てている、野菜のへたや皮をコトコト煮だして出来る出汁。 タマネギの皮、じ ...

リンゴの皮は、捨ててませんか?もったいないと思ったことありませんか?リンゴの栄養成分は、皮と果肉の間に多く含まれています。水溶性食物繊維ペクチンは、体内の掃除をする効果。デトックス効果で、腸をきれいにしたり。吹き出物などの、肌トラブルの改善効果。ポリフェ ...

今年の冬至は、新月と重なる朔旦冬至ですね。なにかはじめるのにいい冬至、願い事をするといい新月。みなさんは、なにか新しいことをはじめましたか?私は、こっそりはじめたことがあります。それは、願いがかなうまで秘密です。今夜は、柚子湯にはいるのが楽しみ!それだけ ...

私の実家は岡山。岡山=果物王国。ということで、季節ごとに届きます。夏には美味しい果物がたくさん。すいか、もも、ぶどう、メロン....。先日、実家から届いた果物。毎年、夏に届く白桃が楽しみ。冷蔵庫はいっぱいでスペースに余裕がないし...常温で保存しておくには限度が ...

酵素を採りたいから、生の野菜を摂取する。でも、生の野菜って食べられる量に限りがあります。そんな時にお漬け物が常備してあると、とても便利。その上、+1品のお料理になるので助かります。しかし、市販で売られているお漬け物は添加物が入っています。味も少し濃いめな ...

翌日の料理がちょっとラクになる。それが、水出しで出汁を作っておく方法。前日、水に鰹節、昆布、煮干し、干し椎茸を入れておくだけ。いつも、夫婦2人で1ℓを作り置きするようにしています。※腐敗が心配なので、必ず冷蔵庫に入れて2〜3日くらいで使い切りましょう。お ...

忙しい主婦の味方!!時短レシピの紹介です!!下ごしらえをした鶏肉を、オレンジジュースで煮込むだけ。簡単なのに豪華な「チキンのオレンジ煮込み」ができます。1:鶏肉に塩こしょうで下味をつける。2:油をひかずに焼き目が付くまで鶏肉を両面焼く。3:オレンジジュースを ...

お菓子づくりで大変なのは、バターを液状に混ぜること。時間がかかるし、バターの混ぜ方次第で失敗することも。バターをオイルに置き換える!!そんな時短方法があります!!置き換えるオイルは、オリーブオイルなどの植物性のものを。サラダ油は身体によくないので、普段からも ...

キウイがたくさん手に入ったら、ケーキがおすすめ。しかも、簡単に炊飯器でできるおすすめのレシピ。◎キウイ2個(1.5個は輪切りで飾り、残りはざく切りで生地の中)◎オイル  40g◎甜菜糖  70g→普通の砂糖でもOK!◎豆乳   30ml◎卵    2個◎小麦粉  1 ...

国産檸檬と牡蠣が手に入っらレモン鍋を!海外産レモンはポストハーベスト(農薬)が心配だからダメ!1:塩味ベースや醤油ベースのお鍋にレモン1個分の絞り汁を加える。2:具材を下茹でした後に、1個分の輪切りを上にのせる。3:レモンがしんなりするのを待つだけ。具材 ...

小栗旬さんのCM、白菜と肉がぎっしり詰められた美味しそうな鍋。このミルフィーユ鍋を、いつかは作りたいけれど難しそうと断念。しかし、いざ作ってみると簡単で、時短レシピとして追加できました。白菜と豚バラ肉を交互に重ねて、5~6cm幅に切って敷き詰めるだけ。同じ幅 ...

↑このページのトップヘ