瀬戸内海のオリーブの島小豆島へ、家族旅行してきました。

少し前になるのですが、写真の整理に時間がかかってしまい。 
スマホにカメラに....たくさんの中から選ぶのは大変ですよね。

旅行の余韻が冷める前に整理しておくことをおすすめします。
過去の自分におすすめしたいくらい...今、後悔しています。


家事でも起業でも、後でいいかと思ったことは、やらないことも多いですし。

  
6

小豆島は岡山からフェリーで1時間のところにあるので。
子供の頃から何度も行ったことのある場所でもあります。

はじめての夫をナビゲートしながら、両親孝行を兼ねていて。
とはいっても...旅行中の費用は夫がプレゼントしてくれました。


ありがとう。


今回の旅行は車ではなく、公共機関の乗り継ぎで行きました。

岡山駅からバス→フェリー→小豆島到着は、かもめバス切符でお得に!
片道1540円が1300円に。バス内で買えることをあまり知られていません。
◉かもめバス切符→http://www.ryobi-ferry.com/013kamomeset.html

小豆島内のバス移動は、小豆島オリーブバス2日券2500円がおススメ!
1日券だと2000円なので、2日分まとめて購入しておきましょう。
◉オリーブバス→http://www.shodoshima-olive-bus.com

バスの本数が少ないので、行きたい場所と時刻表を見比べて。
あらかじめ決めておくと、スムーズに行動できていいですよ。

2-1


一番の目的はエンジェルロード!


大切な人と手を繋いで渡ると、願いを叶えてくれるという。
一日2回、干潮時に現れる砂の道に合わせてスケジュールを。


【観光1日目】
◯寒霞渓ロープウェイ→http://www.kankakei.co.jp
◯小豆島オリーブ公園→http://www.olive-pk.jp
◯小豆島オリーブ園→http://www.1st-olive.com/guide/
 ※オリーブ公園とオリーブ園は隣接しているけれど、別の施設。
◯エンジェルロード→http://www.my-kagawa.jp/point/point.php?id=356

【観光2日目】
◯マルキン醤油記念館→http://moritakk.com/know_enjoy/shoyukan/
◯京宝亭佃煮工場→http://www.kyohotei.co.jp
◯小豆島オリーブ農園「カフェ忠左衛門」→http://www.inoueseikoen.co.jp/cafe/menu/
◯自然農園「井上誠耕園」→http://www.inoueseikoen.co.jp

11

↑↑↑ 寒霞渓のロープウェイは、迫力があります!
往復1350円→バスのフリーパスで10%off(HPの印刷でもOK)

8

↑↑↑ あいにくの天気でしたが...展望はすばらしいものでした。

写真 1


↑↑↑ オリーブ公園では、オリーブ園やハーブ園、クラフト工房。
道の駅もあるので小豆島の特産物を購入したり、ランチを食べたり。

写真 2


↑↑↑ 小豆島で撮影された、実写版「魔女の宅急便」のセットも!

14

↑↑↑ オリーブ公園から、オリーブ園へ徒歩で移動して。

こちらには、オリーブオイル工場やイサムノグチの公園。
オリーブ商品の販売、オリーブ料理の食べられるお店など。

3-5

↑↑↑ ハートの形のオリーブの葉を見つけられると幸福になれるとか。

20

↑↑↑ エンジェルロードが見えるホテルにチェックインしてから。
夫と二人でエンジェルロードへ!なんと...大雨(嵐)になり!

3-11

本当に、二人っきりで渡ることができたのです。
ある意味、とてもラッキーだったような気がします。

3-14

↑↑↑ 思いを貝に書いて...大切な思い出が増えました。

2-2

↑↑↑ マルキン醤油記念館は、大人210円→バスフリーパスで160円。
入場すると醤油を1瓶もらえるので、むしろ、お得かもしれません。

醤油ソフトクリームは、絶対に食べた方がいいですよ!

2-10

↑↑↑ 京宝亭佃煮工場の見学は、事前に申し込みが必要です。
マルキン醤油工場から徒歩数分なので、お土産を買いに寄って。

2-12

↑↑↑ 見晴らしのよいオリーブ農園にある「カフェ忠左衛門」でランチ。
同じ敷地内にある、自然農園「井上誠耕園」でお土産を買って終了。


小豆島グルメとお土産については、part2のブログで紹介します。


父母には少しハードだったかな...でも、帰宅してからも笑顔で。
次はいつ行きますか?と、夫に聞いていて....とても嬉しかった。

実は、家族旅行(夫と2人きり以外)は10年以上ぶりのこと。
随分と自由にさせてもらっていたのだなと、感謝の気持ちです。


part2へ続く。