実家では、家族それぞれにお気に入りのお茶があります。

それが...引き出しへとりあえず入れられているものだから。
どれが誰のものかなんて、分かる状態ではありませんでした。 


結局、取り出しやすい場所にあるものばかり飲んでしまうので。


気になって買ったのに、賞味期限が切れてしまったり。
間違えて開けてしまったものが、放置されていたり。


そこで、


キッチンの横位置に使っていない棚があったので。
そこへ移動して、整理収納することにしました。
※花柄のカフェカーテンのところです。

0716-1

棚の上には、お茶タイムに使う耐熱性のポットと鍋敷きを置きました。
一緒に使うものを同じ場所へ置いておくと、無駄な動きがなくなります。

0716-2

ここのスペースは、もともとは炊飯器を置くためのもの。
ただ広いだけなので、細かいものを収納するには不向き。


しかし、


中に一段、100円均一などの収納棚をセットして。
家族それぞれのお気に入りの飲み物をカテゴライズ。


家族共通のほうじ茶は、大きなタッパーへ入れて。(左上)

◯緑茶や紅茶が好きな母(中央上)
◯ルイボスティー、トウモロコシ茶が好きな私(右上)
◯珈琲とココアが好きな父(左下)
◯ハーブティーが好きな妹(右下)



時には、それぞれのお気に入りをみんなで一緒に飲む。
そんなお茶タイムも、楽しみだったりするのです。

0716-3

並んだお茶でも、そのまま見えると空間がごちゃごちゃするので。
100円均一の突っ張り棒にカフェカーテンをつけて隠す収納に。


見せる収納にするのか、隠す収納にするのか。


お部屋がきれいにまとまる方を選びましましょう。
散らかっているから隠すのではダメですけれどね。