岡山のおしゃれスポット問屋町にある古民家居酒屋。
九郎の途中(九郎は苦労とかけてある)へ行きました。

以前から気になっていたお店で...
九郎の途中→http://tabelog.com/okayama/A3301/A330101/33005693/

予約なしでは入れなかったこともあったので。
今回は予約をしてから、行くことにしました。

0715-3

古民家の建具を全国から集めて、自分たちでつくったそう。
障子や欄間、掛け軸、置物...なかなか、面白い内装です。

入り組んだ造りで、トイレへ行くのにも迷子になりそう。

0715-4

岡山のクラフトビール吉備土手下麦酒が飲めるお店。
フルーティーで、ビールが苦手な人でも飲めそうです。

お料理も、おしゃれな創作料理のオンパレードで...。
こんな組み合わせはじめて...みたいなメニューばかり。

0715-5

ローストビーフが押しなのか...いろいろなメニューに入っていて。
ローストビーフとアボカドのサラダ、地鶏のユッケではじめて。

0715-6


盛りつけもおしゃれな、トマトとアボカドのカプレーゼ。


0715-7

トウモロコシの唐揚げ、ウニとイカの大葉包み上げ。
トウモロコシって揚げると美味しい!というのを知りました。

0715-8


その他、


アボカドと山芋の生春巻きや、牛すじとこんにゃくのチヂミ。
そして、お口直しのスイーツなどを頼んで楽しみました。

スイーツよりもビールの私は、皆のスイーツのタイミングでもう1杯。
驚かれるけれど...ビールは別腹でも、スイーツは別腹ではないのです。

0715-9

靴箱や洗面所にも、タンスを再利用していたり...。
お店のいたるところに、みどころがある居酒屋でした。

0715-10

珍しいお料理に面白い店内なので、 行ってみる価値はあります。
岡山で居酒屋を探すならば、是非、おすすめしたいと思います。


九郎の途中→http://tabelog.com/okayama/A3301/A330101/33005693/