キッチンカウンターで朝ごはんをたべること。
これは、母がずっと憧れていたことらしくて。


karimokuで、いい感じのスツールを見つけました。


帰省した夫が、さっそくスツールに座った時に言ったこと。
「ここに座って朝ごはんとかいいね〜」って、母の思う壷。

夫と母は、どことなく考えていることや発想が似ています。

0714-6


karimokuのサービスはさすがです。


高さに合わせて足を切ってくれたり(有料だけれど)。
購入した後も、アフターフォローが行き届いていて。

店舗では、ひと組ひと担当の(旧)大塚家具システム。
気楽に見学することはできないけれど、丁寧な接客です。

0714-7

カウンターに座った時に、食器棚が見えるから。
ということで、母にお願いされた食器棚の整理収納。

その時のブログはこちら→http://kazumiohsawa.blog.jp/archives/36938503.html


素敵な朝ごはんライフになったのでしょうか...。
ほとんど朝ごはんを食べない私は、今のところ未使用。


実は、


朝ごはんはセルフサービスが子供の頃からのルール。
テーブルを囲んでではなく、カウンターで効率良くって感じ。

食べたかったら、自分で準備しなくてはいけません。
これは、母が手抜きしたいという思いからではなく。

パンorごはん、野菜や納豆が食べたいとか、量とか...
それぞれ、朝の体調に合わせてメニューを決めたり。
※我が家の現在の「朝ごはんセット」の原型がここに!

学校へ行く時間や、仕事に行く時間、違うので...
それぞれの都合に合わせて食べましょうというもの。


このルールは、結婚した後の家庭でも引き継がれていて。
 

夫は朝ごはんセットから、自分の体調に合わせて選びます。
実際に、3食のうち1食を作らなくてもいいのはラクなこと。

不要な家事は、どんどん捨てればいいのです!
その上、家族のためになるなら一石二鳥ですね。