実家の冷蔵庫を片付けてから1ヶ月経過。
冷蔵庫の片付け→http://kazumiohsawa.blog.jp/archives/32034167.html

その後の様子を、確かめてみると...。
きれいなままの状態を、キープできていました。


その上、


不足していた収納グッズを買い足していたり。
自分なりの、使いやすい工夫をしている様子。

この、「自分なりの工夫」は重要なポイント。
片付け上手になってきている証拠でもあります。

0620-5


自家製のドレッシングや酢などを間違えないように。
タッパーだけでなく、瓶類にもラベルを貼っていたり。

0620-6


そして、


一番下の段に、鍋を入れられるようにしておく。


これからの季節は、あまったものはすぐ冷蔵庫へ。
そのために、スペースを空けておくことは大切。

今回、ルールをひとつ増やすことにしました。

0620-10


ひとつできたら、またひとつ。


これくらいの、ペースがちょうどいい。
親の片づけは、気長にのんびり続けたい。


そして、


取手つきのケースを、冷蔵庫以外でも発見。
洗い物の、箸などの細かいものをいれる場所。

とりあえず、乾くまでおいておくスペースに。
よく落としていて、危なかったのです...。

0620-7

これなら、細かいものを全部いれられて水切りもできる。
取手がついているので、簡単に手に取ることができます。

0620-8


便利でしょ。


母が、自慢げに教えてくれたのが嬉しくて。
母自身、片付けを楽しんでいるようでした。

これからの、「母なりの工夫」が楽しみです。