2日間にわたり、デザイン思考企業研修を担当しました。
1日目は基礎編、2日目は実践編でワークショップ中心。 

20名程の参加者を4チームに分けて進めました。

0618-1


デザイン思考は、研究者が講師になっておるものが多く。
最新のデザイン思考の情報を仕入れるのにはいいけれど。

日常やビジネスの場で、どう実践すればいいのか? 
デザイン思考ってどういうものなのかぴんとこない。

などといった意見を聞くことがあります。


デザイン思考は「デザイナーの思考法をベースにした発想法」


だから、


実際に現場で行っていることを感じてもらえる内容にしていて。
「今日から仕事に活かせそう」という感想を多くいただきます。

0618-2


デザイン思考は、


◯日常の気付き力を高める観察方法
◯気付きをアイデアに変える習慣法
◯いままでにないアイデアを生みだす発想法
◯顧客の潜在意識を実現する企画のつくり方


人には、それぞれ得意分野と不得意分野があります。
自分の特性に気づいて補うか、得意な誰かと組むのか。


デザイン思考はチーム共創の共通言語でもあります。


もっと、デザイン思考を取り入れる企業が増えることで。
いい暮らしに繋がる商品やサービスが生まれますように。

そんな気持ちを込めながら、企業研修を担当しています。


デザイン思考は、自分の欲求を解決する手段でもあります。


顧客よりもに家族満足、家族よりも自分満足からはじめる。
ビジネスだけではなく、日常にも活かせるものですから。

あまり、公募する講座を担当することはないのですが。
気軽に参加できるカジュアルなものも開催できるといいな。