冷蔵庫の一番上のスペースが、デッドスペースでした。
使う頻度が少ないものでも、踏み台が必要なのは面倒。


ということで、一番上に取手つきのケース。


収納テクニックでは、当たりまえに使われているけれど。
はじめて実際に使ってみて...簡単に上のものが取れて便利。


0530-7

缶を立てて入れられるものや、立方体のかごタイプのもの。
サイズもいろいろあり、もっと活用してもいいかもしれない。

一番上の段の、味噌を入れるものは買い足し決定です。

0530-8


また、


お皿にラップをかけた、つくりすぎてしまったおかず。
袋やトレイに入ったままの、使い切れなかった食材。


冷蔵庫で場所をとってしまっていました。


統一したタッパーを、購入して使うと省スペース。
日付や品名を、はがせるシールに書いて貼るといい。

0530-9

大きさも、使いやすそうだからと適当には買わず。
違うサイズでも、重ねやすいかを考えて選びましょう。

0530-10

さっそく、買ったばかりのタッパーを使って。

0530-11

もやしとごぼうのサラダ、豚肉生姜焼き、もずく。
日付と品名を書いて...賞味期限も書いておくといい。

0530-12


なぜか、


食材のはいったトレイや、透明ブラスチックケース。
引き出しから溢れても、捨てられないのが親の世代。

購入したタッパーと一緒に、使いやすいように収納。

0530-13


仕切りや収納ケースで埋めつくさなくても、交互に置くだけでも充分。


大きさや種類で分けて、ゾーン分けをしておく。
大きさの違いで隣りにしない方が、混ざらない。

ひとめで分かるようにしておくことで。
同じものが多ければ捨てられるように。

使えるかもしれないけれど、ここに収まるだけにする。
それだけは、ルールとして取り入れてもらいましょう。


一度片付いたからといって、終わりではありません。


実際使ってからの、使いやすさの追求が必要。
使いやすいのか、聞くことを忘れないように。