岡山の実家を建て替えました第二弾。
子どもの頃に住んでいた古民家の建具。

客間として使っている和室に再利用しました。

※第一弾は、リビングに繋がった中庭でした。
http://kazumiohsawa.blog.jp/archives/29931408.html


欄間、襖、障子、床の間、柱をそのまま使って。
中庭に続く和室、旅館を意識したデザインです。

0526-1


母の使っているお茶道具を飾ったり。


0526-2


父の書いた書道に、母の使っているお琴。


0526-3

和のテイストで統一した、和室の客間。
お客様も、和を楽しんでもらえるといいな。


そして、


畳だけは、新しいものにしたけれど。
一番、子どもの頃に住んでいた家に近い。

懐かしい気分になれる空間かもしれません。