食卓の献立を考えるのが面倒で、家族に聞くことがあります。
それでも「何でもいい」と、答えが返ってくることもしばしば。


それで、イライラと家族に当たってしまうことがあります。


でも、何でもいい!!の裏側には、意味があるはずです。
本当に、何でもいい場合もあるかもしれませんが...
男性(子供)はメニューを知らないだけかもしれません。



だから、


男性の好きな食べものは、ハンバーグやカレーなどが多いのは、
メニューの名前が分らないだけ、という事実があります。
知っているメニューを答えるから、このような結果なのです。


そう考えると、今日は何が食べたい?と、ただ聞いてもダメ。


対策として、レシピ本を見て食べたいものに付箋を貼ってもらったり。
食べたいものを見つけたら、切り抜きや写真をとっておいてもらったり。
いろいろと工夫をしてきました。これからも、この方法は使います。


しかし、


それ以上に!!いい方法を見つけたのです!!
それは、今までに作った料理を写真に収めておくこと。

その中から、また食べたい!!
今日はこれ食べたい!!
をリクエストしてもらうという方法。


1ヶ月分をまとめてフォトブックにすることにしました。
※表紙を含めて21枚収録可能。
※1ヶ月に1冊は、送料のみの150円。


nohana(ノハナ)→http://nohana.jp

20140402-1

1冊1冊が、結構見応えがあり、家族に好評です。

1ヶ月に21枚。フォトブックになりうる食事をつくる。
結構ハードルが高い?けれど、やりがいのある挑戦です。


20140402-2


そして、



「リクエストするよりも、何が出てくるかが楽しみ。」と、
自分が考える手間を、上手く避けようとする主人がいます。

それでも、今日は考えて欲しい時もあります。
だからといって、ただ要求してもダメなだけ。

笑顔でこのフォトブックを差し出すことにしています。

※nohana(ノハナ)は本来、家族写真をコミュニケーションに使うためのアプリ。
離れた家族と写真を共有して、フォトブックにして贈ったり、贈られたり。
料理写真以外にも、旅行などを一冊にまとめるのにも活用が出来ますよ。
 
nohana(ノハナ)→http://nohana.jp