本日、3/22朝日新聞(夕刊)に書籍広告が掲載されました。
ひとりでも多くの必要とされている人に届くといいな。

夕刊をとられている方、是非、探してみてください。

カラーなのが嬉しい!!そして、大反響!!の文字が嬉しいです。

朝日新聞


 

つくづく、いろいろな人の協力があって書籍は存在していると感じます。


書き手、デザイナー、イラストレーター、フォトグラファー、取材協力者の方々。
そして、出版社や担当者の存在がなければ、本が発売される事はありません。

書籍新刊の発売は、一日に200冊とも300冊ともいわれています。
その中でも、即返品されてしまう本、店頭に並ばないものもあります。
だから、書店で本を見かけるという事は、とても光栄なことです。

その上、

POPをつけていただいたり、平積みしていただけていると感動してしまいます。
→以前、紹介した平積み、POP展開していただいていた書店紹介。
http://ameblo.jp/ouchi-designer/entry-11775860867.html
http://ameblo.jp/ouchi-designer/entry-11771744763.html

【有隣堂アトレ恵比寿店】
書籍発売当初は3冊だけの販売、棚に並んでいたのですが。
先日お伺いしたら、平積みでPOPまで!!ありがとうございます。
o0600045012881925731
 
【紀伊國屋書店玉川高島屋店】
少し前までたくさん平積みされていましたが...残り3冊に!!
POPつき展開していただきありがとうございます。
o0600045012883387525

【芳林堂関内店】
人気の書籍のお隣でPOPつきは、嬉しい好待遇!!ありがとうございます。
o0600045012881925732

そして何よりも、書籍を購入して読んでくださる方々。
それがあるからこそ、書籍は世の中に存在する意味があります。

届く感想が、購入しましたから、読みましたに変わりつつあるこの頃。
いただいている感想は、近々、まとめてPRTIMESで紹介される予定です。

必要とされている人に届きますように!!