本日1月6日の読売新聞朝刊に、取材記事が掲載されました。

くらしのページ、人生をデザインのコーナー。
主婦を切り口にした特集の1つの事例として。
主婦デザイナーの仕事がとりあげられました。

読売新聞

「主婦力」を発揮する場は、家庭の枠を越え、外へと広がっている。


これは、紙面の中にある言葉なのですが。
まさに、そのとおりだなと感じています。


私自身も、


主婦であることがマイナスになるのでは...と思っていたから。
フリーランスになったばかりの頃は、あえて伝えることはなかった。

主婦だから、家事をしなくてはいけないから仕事に手がまわらない?
結婚しているから、仕事よりも家庭のほうを優先するかもしれない?

仕事が後回しになってしまうという印象を与えてしまうと。
依頼がなくなったり、減ってしまうことを心配していました。


しかし、


主婦だからこそ!それが、売りになる。
主婦だからこそ!お願いされる仕事はある。

なによりも、自分らしくいられることが嬉しい。

結婚しても、出産しても、育児をしていても。
誰にでも、自分らしくいられる方法はあるはず。

自分の居場所はどこなのか、そこで輝く方法を探せばいい。
きっと、あなたを必要としてくれる人はいるはずですから。